果樹農家の年収はいくら?

果樹農家の年収は◯◯万円!【儲かる果物ランキング】

果物って高級品ですよね。毎朝食卓に果物が並ぶ生活、憧れますよね。

そんな果物を作る果樹農家の年収、気になりませんか?

この記事では農林水産省のデータを元に、果樹農家のリアルな年収・売上を大公開!

売上や時給に注目した「儲かる果物ランキング」も紹介します。

儲かる果物を知りたい人・農業で稼ぎたいと考えている人、必見の記事です。

果樹農家のリアルな年収・売上って?

りんご農園で優雅に休憩する農家

提供@mayatounm


いきなり結論です。

果樹農家の平均年収:470万円

 

農水省によると、果樹作経営を営む主業農家の平均農業所得473万円

内訳は、

粗収益:1,112万円
経営費:639万円
農業所得:473万円

となっています。

注意する点ですが、”売上”が473万円ではなく、売上から経費を引いた”農業所得“が473万円です。

(出典:農林水産省「平成30年営農類型別経営統計」)

どうでしょう?会社員の平均年収(約430万円)より少し高いくらいですね。

 

もう少し具体的に見てみるとイメージが湧きやすいかもしれません。

以下は、果樹農業振興計画で各県が定める「果樹園経営の農業所得の指標」です。

要は「このくらいの所得を目指そうねというものです。 

地域和歌山青森山梨
品目温州みかんりんごぶどう
粗収益2,345万円2,117万円1,371万円
経営費928万円1,322万円618万円
農業所得1,417万円856万円733万円
経営規模3.0ha3.0ha1.1ha
労働時間3,450時間4,464時間3,034時間

 

なお、上記の年収などの数値は平均の値です。参考程度にどうぞ。
新規就農者やプロ農家などの違い、経営規模や経営方針の違いなどで大きなばらつきがあります
会社員同様、年収1000万円超の方もいれば、年収200万円の方もいます。

果物別ランキング【10aあたり】

さくらんぼを収穫する農業女子

@taira_s10


続いて、果物別に年収を見ていきましょう!

儲かる果物は何でしょうか?

 

以下は、「10aあたりの農業所得」の果物別ランキングTOP5です。

1位:おうとう(さくらんぼ) 36.3万円

2位:キウイフルーツ 35.5万円

3位:ぶどう 34.2万円

4位:もも 28.6万円

5位:日本なし 26.9万円

出典:農林水産省 2007年 品目別経営統計

果物別ランキング【時給】

キウイフルーツカントリーJapan

@kiwicountry91


所得が高くても、やっぱり時給が高くないとね」という方も多いでしょう。

お次は時給でのランキングです。

1位:おうとう(さくらんぼ) 1,702円

2位:キウイフルーツ 1,581円

3位:くり 1,312円

4位:かき 1,127円

5位:もも 1,098円

出典:農林水産省 2007年 品目別経営統計

労働時間が短めの果物がランクインしています。

こうしてみると、さくらんぼとキウイフルーツ、優秀ですね。

トップのさくらんぼは、収穫期が6月〜7月と非常に短いです。

収穫期は従業員を雇用して多忙を極めますが、冬はさほど忙しくはありません。もちろん、土づくり等の作業があり、作業時間0というわけではありませんが。

儲かる果樹農家の特徴とは?【実例を紹介】

自慢の梨とポーズをとる梨農家

@konchan.farm


当たり前のことですが、普通に平均的な農業経営を行なっていては高年収は期待できません。そんなことが可能ならば全国民が農家になりますよね。

では、儲ける果樹農家はどんなことに力を入れているのでしょうか?

ここでは、儲かる果樹農家の特徴を2つご紹介♩

・高単価品種を選ぶ
・飲食店へ卸すorECで販売(販路拡大)

高単価品種を選ぶ

例えば、一口に”ぶどう”といっても、品種によって価格が全然異なります。

高収入を目指すためには、利益の出やすい品種を選ぶのが大事です

参考として、以下は令和2年9月〜令和3年9月における東京都中央卸売市場の品種別のぶどうの取引額です。

品種平均価格(円/kg)
アレキサンドリア(マスカット)2,480
シャインマスカット(シャイン)2,121
ピオーネ1,280
巨峰1,243
甲斐路1,118
デラウエア972
その他ぶどう1,045

出典:市場統計情報 東京都中央卸売市場

やはり、高収入を目指すならば、高単価の品種を選ぶのがいいでしょう(当然、高い栽培技術は求められますが)。

ちなみに、先ほどの果物別ランキングではシャインマスカットが普及する前のデータを用いたため、ぶどう農家の年収が低めでしたが、現在はシャインマスカットがあるので、売上は2〜3倍になっています。ぶどう農家の期待の星です。

飲食店へ卸すorECで販売(販路拡大)

就農したては、栽培技術の習得が第一です。

栽培に全振りして販売には時間をかけないというスタイルがいいかもしれません。

ですが、栽培技術がある程度確立し、儲けようと考えたらJA出荷・卸売市場出荷ではなく、直販一択です。

毎日食べる野菜とは異なり、たまに食べたり贈り物として利用される果物は、販路開拓に力を入れることで高単価を狙いやすいです。

果物はカフェやケーキ屋さんに卸したり、贈答用や高級ブランド品としてECで販売するのがおすすめです。

ただしいうまでもなく、営業やマーケティングのスキル、そして何より時間が必要になってきます

 

 

▶︎作物別の年収情報はこちら

 

こちらの記事では、儲かる作物について詳しく紹介していますよ。

農家全般の年収や手取りについてのまとめ記事はこちら。

農家になりたいと考えている方はこちら!

 

自然・農が好きな人の出会いの場
恋活・婚活マッチングアプリ

あぐりマッチ ダウンロード