れんこんを収穫する農家
@tera_renkon

レンコン農家の年収は?実際のレンコン農家の声も紹介!

レンコン農家って年収が高いと耳にしたけど、実際の数値を知りたいな。

レンコン農家さんに「割がいい」と言われたけど、
新規就農におすすめの作物なのかな?

こんな疑問を抱える方へ、この記事では農林水産省行政が公開しているデータを元にレンコン農家のリアルな年収を大公開!

記事の後半では、儲けるレンコン農家の実例を元に、レンコンで高年収を目指すために必要なことを理解できますよ。

レンコン農家のリアルな年収・売上って?

立派に育ったレンコン。来季に向けて植え付け

@ichikawa_renkon


いきなり結論です。

レンコン農家は平均で、売上1,200万円年収540万円です。

会社員の平均年収440万円と比較すると結構高いですね!

 

以下、細かい数値データになります。興味のある方のみどうぞ!

今回は、全国の出荷量の5割強を占める、レンコン大産地の茨城県データを主として計算します。

・10aあたりの収量:1590kg(←高い栽培技術が確立していますね♪)

・経営規模:1.5ha(だいたい30a~10ha)

・売上:10aあたり80万円

・所得率:40~50% (参考:平成26年 愛知県 新規就農者モデル)

 

ここからレンコン農家の平均の売上と年収(所得)を算出すると以下のようになります。

売上:1,200万円
・年収(所得):540万円
 

その他のデータです。参考にどうぞ。

・10aあたりの収量:1350kg(全国平均)

・市場での取引額:434円/kg(出典:市場統計情報 東京都中央卸売市場

結局、レンコン農家はおすすめなのか?

稼げるレンコン農家。愛しのレンコン

@yxuxk_staglam


実は新規就農者にレンコンはおすすめなんです。

レンコンがオススメな理由
・収益性が高い(所得率40~50%)
・産地では栽培技術が確立していて習得しやすい
・比較的容易に休みを取れる

実際にレンコン農家さんの声を紹介します。

「レンコンは比較的収益性が高く、専念すれば技術も学びやすい数年経験を積んで基本の栽培技術を身につければ、十分に暮らしていくことができる参考:レンコン農家さんのインタビュー)」

また、レンコン農家として独立した女性によると、
農作業は半日で終わるので、意外と時間には余裕があります。レンコン栽培は、子育てをしている人にもいいと思う。」

 

一方、このような声も。

・重労働
・汚れる

たしかにレンコン農家は重労働・汚いというネガティブ面があります。

ですが、それを現代の技術で改善しようという試みが行われています。レンコン栽培には将来スマート農業の導入が進むかもしれないのです。

将来に期待ですね。

 

レンコン農家が多い地域とは? 【研修で行くべき地域】

料理した高級レンコン


レンコンは茨城県霞ケ浦が有名ですね。

茨城県のレンコン生産量は全国の5割と圧倒的。佐賀・徳島と合わせて7割強

順位都道府県出荷量(t)割合(%)
1茨城県26,40050.1
2佐賀県5,80011.0
3徳島県5,2009.9
4愛知県3,0105.7
5山口県2,4804.7

(出典:農林水産省「令和元年産野菜生産出荷統計」)

新規就農しようと考えている人は、作物を選ぶ→大産地を選ぶ」あるいは「場所を選ぶ→特産品を選ぶ」という方法が一番成功確率が高くて無難です

というのも、その土地の特産品であれば、受け入れ体制が整っていたり、サポートや施設が充実していたり、高い栽培技術を有している人が集まっており技術を身につけやすいためです。

というわけで、レンコン農家の元に研修に行くなら茨城・佐賀・徳島あたりがおすすめです。

儲かるレンコン農家の特徴とは? 【実例を紹介】

儲かるレンコン農家の特徴とは? 【実例を紹介】

@asahiroot

①規模を拡大する

レンコンだけでなくどの農作物でも言えますが、高齢者が引退傾向にあり、農地を手に入れやすいです。

よって、若い農家が農地を集めて大規模化しやすい状況なんです

例えば、兄弟3人が茨城県でレンコン栽培を行っている株式会社れんこん三兄弟。規模を拡大し続け、2017年時点で11ha。今後は50haを目指すそう。ここまでくると年商は数億レベルになります。(参考リンク

②高価格のブランドレンコンを狙う

ブランドレンコンを作ることで高収益が望まれます

例えば、新潟の「大口レンコン」や石川の「加賀レンコン」。

他にも、「1本5,000円のレンコンがバカ売れする理由」という本で有名な野口農園のレンコンは「柳蓮田蓮根」という独自ブランドです。

③ 6次産業化。オリジナル加工品を開発する

高品質の作物を安定供給できるようになったら、独自の商品を開発し、付加価値を付与していくという農家が多いです。

近年レンコンは健康食品として注目されつつあり、レンコンサブレーやレンコンチップス、レンコンめんにハス茶など、色々なレンコンの加工品が各地で開発されていますよ。

 

いかがだったでしょうか?

レンコン農家の年収は540万円結構高めでしたね

 

また、レンコンは新規就農者におすすめな作物でしたね。

就農希望者は産地に赴き、研修を2年くらい積むのがいいでしょう!

それではまた!

 

こちらの記事では、儲かる作物について詳しく紹介していますよ。

農家全般の年収や手取りについてのまとめ記事はこちら。

農業や農家の生活に興味を持った人は、情報収集用にカテゴリ:農業が役立ちますよ♪