ほうれん草農家の年収はいくら?年収1000万円を目指せる方法も!
@asobinouen

ほうれん草農家の年収はいくら?年収1000万円を目指せる方法も!

ほうれん草農家って儲かると耳にしたけど
実際リアルな年収はどのくらいだろう?

関東にいながらほうれん草で高年収農家になれるって本当?

んな疑問を抱える方へ、この記事では農林水産省のデータを元に、ほうれん草農家の年収・売上を公開します!

また記事後半では、ほうれん草農家で年収1000万円を達成するために必要なことも理解できますよ。

ほうれん草農家のリアルな年収って?

ほうれん草農家のリアルな年収って?

いきなり結論です。

ほうれん草の収入は、
1戸あたり 売上220万円・年収120万円
です。
10aあたり 売上34万円・年収18万円

 

それでは詳しい数値を見てみましょう! 興味がある方のみどうぞ。

以下は、農水省が出しているほうれん草に関する年収等のデータ(全国平均)です。

 1戸あたり10aあたり
農業粗収益(売上)  【万円】21934.2
農業経営費(経費)  【万円】10216.0
農業所得(年収)     【万円】11618.2

所得率:53.1%
時給:1,290円
平均栽培面積:64a

出典:農林水産省 2007年 品目別経営統計

まとめると、平均でほうれん草農家は、売上220万円・年収120万円です。

 

ほうれん草の特徴

ほうれん草農家のリアルな年収。ほうれん草の特徴も紹介。 

ほうれん草農家の特徴
・比較的簡単に育てられる。虫の被害少なめ。
・栽培期間が短い

まず、ほうれん草の特徴として「しっかりと土作りができていれば比較的簡単に育てること」があげられます。

キャベツや白菜といったアブラナ科野菜と違って虫の被害も少ないので初心者にもおすすめです。

 

また、ほうれん草は栽培期間が非常に短いのが特徴です。

旬の冬場は、播種から収穫まで100日程度と比較的短いのが特徴です。

ほうれん草農家が多い地域とは? 【研修で行くべき地域】

ピーマン農家の年収はいくら?年収1000万円を目指す方法も!

ほうれん草の産地はどこでしょうか?

正解は大都市近郊、特に東京近郊ですね。

順位都道府県収穫量(t)割合(%)
1埼玉県22,70011
2群馬県22,40011
3千葉県19,4009.1
4茨城県16,5007.7
5福岡県10,2004.8

出典:農林水産省「作況調査」令和2年産

都市近郊で栽培が盛んな理由は、輸送に時間やコストをかけず、新鮮な状態で食卓に届けられるからです。

 

また、新規就農しようと考えている人向けの情報です。

就農時に悩むのが「何を栽培しよう?」ということですよね。

覚えておきたいのが、作物を選ぶ→大産地を選ぶ」あるいは「場所を選ぶ→特産品を選ぶ」という方法が一番成功確率が高くて無難だということ

というのも、その土地の特産品であれば、受け入れ体制が整っていたり、サポートや施設が充実していたり、高い栽培技術を有している人が集まっており技術を身につけやすいためです。

というわけで、ほうれん草を栽培したいならば関東近郊にいき、研修を通じて栽培技術を学ぶのがコスパ良というお話でした。

ほうれん草農家で年収1000万円を目指す方法は?

ほうれん草農家の年収はいくら?年収1000万円を目指せる方法も!

@asobinouen


結論から言うと、以下の2つの方法があります。

・周年栽培+大規模化
・多品目で収入の柱を作る

 

ところで、ほうれん草単専業で年収1000万を目指すには、どのくらいの栽培面積が必要でしょうか?

記事冒頭の例では、10aで年収20万円だから単純計算で約5ha必要です。

う〜む結構広いですよね。。。「単純に規模拡大」はおすすめできませんね。

 

そこで考えたいのが、旬の冬だけでなく周年栽培するという方法。

ハウスを建てるのに設備投資は必要ですが、狭い面積で大きな収穫量を生み出せます。

 ほうれん草 ハウス・周年(10aあたり, 令和2年)
農業粗収益(売上)  【万円】309
農業経営費(経費)  【万円】186
農業所得(年収)     【万円】123
所得率                    【%】39.8

販売量:6,000kg

出典:ぐんまアグリネット「R2農業経営指標」

ハウスによる周年栽培で年収1000万円を目指そうとすると、上の数値から81aですみます。

 

一方で規模を大きくできないという方には少量多品目での経営が主な戦略となります。

特に関東近郊の農家さんはほうれん草専業ではなく、少量多品目で経営することが多いです。

多数の品目で着実に収益の柱を作りつつ、リスクヘッジもできるという寸法です。

 

 

おまけ:ちぢみほうれん草もありかも

ちぢみほうれん草は甘みが強いことや栄養価が高いことから人気もあり、収益性も通常のほうれん草より高めです。

収入(農業所得)でいうと、10aあたり 23.3万円(通常のほうれん草)→28.3万円(ちぢみほうれん草)

出典:ぐんまアグリネット「R2農業経営指標」

 

 

▶︎作物別の年収情報はこちら

 

こちらの記事では、儲かる作物について詳しく紹介していますよ。

農家全般の年収や手取りについてのまとめ記事はこちら。

農家になりたいと考えている方はこちら!

 

自然・農が好きな人の出会いの場
恋活・婚活マッチングアプリ

あぐりマッチ ダウンロード