家族が欲しいなら婚活をしよう

そろそろ私も「ご報告」したい!温かい家庭をもつための近道があった?

自分に似たかわいい我が子の笑顔。

我が子がどんどん成長していくのを眺める夫婦。

わきあいあいとした一家団欒の時間。

周囲の「入籍しました!!」「待望の子供が産まれました♪」なんておめでたい話を聞くと、「自分もそろそろ結婚してあたたかい家庭持ちたいな💕」と思いますよね。

でも、現在彼氏がいない方には 耳に痛い話をします。

普通の生活の中で異性との出会いを期待することは難しいです…。

白馬の王子様なんて迎えにきてくれません。

星野源似の素敵な男性も声をかけてきてくれません。

家族が欲しいなら、やっぱり婚活しましょう!

自分の家族が欲しいが欲しいと思う瞬間

家族が欲しいと思う瞬間

そもそも、一人でも生きていけるようになった時代に、どうして私たちは家族が欲しいと意識するのでしょう?

大きく分けて2つの心情が原因では?と私は考えています。

  1. 温かい家族像に憧れるというプラスの気持ち
  2. 一人が寂しいという負の気持ち

…ちょっとわかりにくいかもしれません。

この2つの気持ち、もっと具体的に見ていきましょう!

仲良くお出かけしている家族を見た時

仲良くお出かけをしている家族を見ると、「ああ〜、なんか家族っていいなあ」と思いますよね。

日曜の昼下がり、ショッピングモールでは家族づれが多く見受けられます。

子供と両親が仲良く3人て手を繋いでいる光景を見ているうちに、ふと幼い頃の家族との楽しかった情景を思い出します。

そしてこの家族みたいに、いつか自分も素敵な家族を持ちたいなと思うように。

このように、温かい家族像を目にした時に、人は自分の家族が欲しいと思うようになるのです。

家に帰っても部屋が真っ暗なままの時

家に帰った時、真っ暗な部屋を目にすると、”独り”を実感しますよね。

思わず寂しさを覚えることでしょう。「おかえり!」って言ってくれる家族がいたらいいのにと思ってしまいますよね。

このように、寂しいという気持ちから、人は「家族が欲しいな〜」と思い始めます。

困った時に頼れる人がいない時

誰かに支えて欲しい、頼れる人がいて欲しいという思いがあるから、家族が欲しいと思うこともあるでしょう。

  • 体調が悪い時、あったかいスープでも作ってくれる家族がいてくれたらいいのに…
  • 大丈夫?って心配してくれる家族がいてくれたら…

誰にだって大変な時はあります。そんな時に側でそっと支えてくれる、頼れる人がいれば心強いですよね。

自分の家族が欲しいあなたには恋活ではなく婚活が必要

恋人を探してはダメ!家族が欲しいなら婚活すべき

あなたもあたたかい家庭を夢見て、寂しさを意識して、家族という存在に憧れを抱いていますよね。

しかし、家族が欲しいからと言って、とりあえず恋人を探してはいませんか?

実は、恋人探しじゃダメなんです。

婚活をしないといけない理由があるんですよ。

婚活なら傷つく経験をしなくて済む

恋人を探しているうちは、どうしてもお相手を容姿や経済力のみで選んでしまい、遊び目的の男性に引っかかる可能性も十分にあります。結婚したくない男性と出会っても結婚が遠のくだけでしょう。

  • 結婚はまだまだ考えておらず、恋人関係で満足している
  • 単純に一夜目的だけ

はっきり言って、こういった人とは関わるだけ時間のムダですよね?

結婚まで行けたとしても、価値観が合わない可能性もあります。

恋人としては良くても、夫婦としては合わないというカップルは世の中にいっぱいいます。24時間一緒に過ごすと嫌な部分が見えたり、金銭感覚が意外に合わなかったりだとか…。

価値観の相違は、後悔を招きます!あたたかい家庭が欲しかったのに…と嘆くことになりますよ。

恋活は不安要素が多いものです。しかし婚活であれば、大丈夫!!

婚活は、まず結婚願望がある男性と自分の価値観と照らし合わせた上で、恋愛感情を育みます。

結婚するつもりのない人と付き合って、辛い・不毛な時間を費やさなくて済みます
価値観が大きく合わない人と付き合うこともありません

家族が欲しいと思ったのなら、最初から結婚を前提として婚活をすべきなのです。

「いい人いないかな〜?」と学生時代の延長みたいな感じで恋人を探していては、涙を流すことになります。

早めの婚活が晩婚化社会では超重要

ところで、少し話は変わりますが、結婚を考えていない、遅くなっても構わないという男性がなぜ多いのか疑問に思いませんか?

それは、現代が晩婚化社会だからです。

晩婚化社会では、こんな現象が起きています。

  • 男性の、結婚を意識する年齢が上昇している
  • 恋人を探しやすく、理想を追い求めてしまう

私が恋人探しではなく、最初から婚活をすべきだと言っているのは、上記のようなことが背景にあるのです。

厚生労働省が行った結婚に関する意識調査でも同じ結論が出されていました。

我が国では、かつては皆婚規範が強く、特別な理由がない限り人生の中で結婚すること が当たり前とする意識が一般的だった。しかし、近年では高い年齢に至るまで未婚に留ま る人々が増え、結婚を選択的行為として捉える見方が広まっていると考えられる。 

「晩婚化社会だから」「結婚しない人も世の中にはいるから」など、男性側は「そこまで必死になって結婚しなくても」という認識なのです。

しかも、女性と出会える手段が多く、男性は「この人を逃しても、またいい人に出会えるだろう」と楽観視しています。

結婚相手の見極めがかなりシビアに。結婚をなかなか決意してくれなくなりました。

「本当にこの人と結婚していいのだろうか?もっといい人と出会えるのでは?」と男性も理想を追い求めてしまうのです。

出会いの手段が豊富になるほど、男性も選びきれなくなる時代なのです。
(もちろんですが、スパッと決めてくれる男性も稀にいます。)

自分の家族が欲しいならあぐりマッチで出会いを探そう

あぐりマッチで農家と家族を作ろう

婚活をすることの重要性がわかったところで、次はどう婚活を進めるかお話しましょう。

私がオススメする温かい家族を作るための方法としては、「農家さんとの婚活」です!

  • 農家さんは優しく頼れる素敵な人柄ばかり
  • 農家さんは結婚に対する意識が高い
  • 田舎で穏やかに家族の時間を過ごせる

農家さんは、家族が欲しい女性の希望を満たしてくれる理想的な存在なんです!!

農家さんは優しくて頼れる素敵な人柄ばかり

農業をしている男性に悪い人はいません。断言できます!

農業は、丁寧さと力強さが必要な仕事。優しくてかつ頼れるような男性しか農家は務まらないんです。

家族が欲しい気持ちの裏には、2つの思いがあると先ほど述べましたね。

  • 温かい家庭に憧れる
  • 独りが寂しい

農家さんは、優しく愛に溢れた人ばかり。温かい家庭を築きたいという願いも叶えてくれます!

また、農業は家族との時間も長く取れる仕事でもあります。沢山の時間を共に過ごせるので、寂しい思いをすることはありません!!

農家さんは結婚に対する意識が高い

農家さんは、結婚に対する意識が一般男性よりも高いのがポイント!

農業は女性との出会いが少ない仕事と言われています。なので、農家さんは「この人!」と決めたら男らしくズバッと結婚を決意してくれますよ。変に選り好みもしません。

結婚を早く決めてくれるので、婚期が遅くなることがなくなります。高年齢になって子供が産めない…なんて心配は一切ゼロ!

また、農家さんは収入も多いので、子供も3人持つこともできちゃいますね。子供が欲しいという女性には理想的な存在です!

田舎で穏やかに家族の時間を過ごせる

農家さんと出会えば、田舎で温かい家庭が築けます!

親子で楽しく土いじりなんてのも出来ます。家族みんなで野菜を育てて、のんびり収穫。夜になったら、収穫した新鮮な野菜を食べて、お腹いっぱいになれます。

田舎の農家の家の日常

子供との貴重な時間。楽しい芋掘り♪

子供も、広々とした場所でどろんこになってはしゃぎ回れますね!田舎の農家さんだからできることです。

田舎の農家さんと結婚すれば必ず温かくて素敵な家族が築けますよ✨

まとめ

女性にとって20代・30代はとっても貴重。

できることなら、なるべく良い人と早く結ばれたいものです。

そのためにも今日から、恋人ではなく結婚相手を探すようにしましょう!

視点を変えると、結婚を真剣に考えてくれる男性がスムーズに見つけられますよ。

また、婚活するなら農家さんがオススメです。

  • 農家さんは優しく頼れる素敵な人柄ばかり
  • 農家さんは結婚に対する意識が高い
  • 田舎で穏やかに家族の時間を過ごせる

ぜひ農家さんと結婚して素敵な家族を作ってください!