30代女性が地元に帰るメリットとデメリット 恋活・婚活

30代独身女性必見!地元に帰る7つのメリットとデメリット

30歳という年齢は女性にとってインパクトが大きいですよね。今後の生き方・人生について改めて見直しをさせられるものです。

「30を迎えたわけだけど、ずっと都会にいるつもりはないし…そろそろ地元に帰るべきかな?」
「でも、新しく人間関係を作ったり、仕事を探すのも結構大変。都会よりも出会いがないだろうしなあ。」

地元に帰りたいと思っていても、人間関係や結婚、お金の問題など不安な項目がどっしりとあります。

簡単には決断できる問題ではないですよね。30代での決断は今後の人生を大きく左右します。なるべく慎重に考えたいものです。

この記事では、大きな決断をするかどうか迷っているあなたのために、地元に帰るメリットとデメリットを解説していきます。

メリット・デメリットを整理して、地元に帰るべきか参考にしてくださいね。

地元に帰る4つのメリット

30代女性が地元に帰る4つにメリット

まずは地元に帰るメリットです。どのようなものがあるでしょう?

メリットを4つに絞ってみました。

  • 過ごしやすい生活を送れるようになる
  • 田舎の方がお金が貯まる
  • 地元との人と再会できる
  • 親を安心させられる

①過ごしやすい生活を送れるようになる

もともと田舎や地方に住んでいた人が上京して都会で生活すると、こう思います。

「都会合わないなあ~…」

どこに行っても人、人。心が全然休まらない気持ち、とてもわかります。

実際に都会にいても、田舎に行きたい、地元に帰りたいという人は4人に1人いると言われています。(三大都市圏の若者は地方移住に強い関心 ~平成29年度国土交通白書を公表~

”田舎派”なら、以下のように故郷での暮らせば精神的にすごく楽になると思いますよ。

  • 住み慣れてる分、生活しやすい
  • 人混みもなく心が落ち着く
  • 満員電車のストレスから解放される

無理して自分に苦しい選択をする必要はありません。家に帰ったときに、元気なあなたの姿を見せることが一番。両親を安心させてあげましょう!

②田舎の方がお金が貯まる

実は、田舎の方がお金が貯まるんですよ。

都会よりも家賃は安いですし、物価もかなり下がります。

結婚するまでは、実家で暮らすのもアリ!家にお金を入れたとしても、都会の家賃の半分ぐらいにはなるでしょう。親も娘の顔が見れて嬉しいってもんです。

あくせく働いても、あまり手元には残らないのが都会。それならいっそ、地元で生活した方が貯金でき ていいんじゃないでしょうか?

③地元の人と再会できる

地元に帰れば仲のいい昔の友達にまた会えるようになります。

最近は連絡を取っていなかった子と思わぬ形での再会。昔と変わらない姿を見て、一気に学生時代に戻ってしまうことでしょう。

仕事の悩み、女としての悩み。結婚の相談まで、古株だからこそ言える悩みもあるでしょう。きっと親身に寄り添ってくれるはずです。

深い付き合いができるのが地元の友達ならでは。気を遣わず、ありのままの姿で生きることができるようになりますよ。

④親を安心させられる

地元を離れて以来、親と顔を合わせる機会は激減していたでしょう。お盆やお正月に顔を見せる程度で、普段はあまり連絡を取ることは少ないですよね。

地元を離れて約10年、両親は2人きりの生活。親のことが気がかりになるはず。

「お父さんとお母さん、元気にしてるかな?寂しくないかな?」

30にもなると、自分を案じてくれる両親も還暦に近づきます。寂しい生活をしてるんじゃないかなと心配にもなりますよね。

あなたを大切に思ってくれる大事な家族。地元に戻れば、両親もあなた自身もホッと安心できますね。

地元に帰る3つのデメリット

地元に帰るデメリット

さて、一方で、地元に帰ったらどんなデメリットがあるのでしょう?

大事な決断ですから、メリットの方だけでないく、デメリットについてもしっかり考えましょう。

①新しく仕事を探さなければならない

地元に帰るとなると、今の仕事を辞める必要が出てきます。

すっかり慣れてもはや生活の一部になっている今の仕事。任される仕事も最近増えて、面白く感じてくる頃合いですよね。

そんな仕事を自ら手放し、再就職。自分のやりたい仕事が地元にあるかもわかりません。給料も満足できる会社があるとは限りません。

職場の環境もガラッと変わることでしょう。頼もしい同期の仲間はいませんし、頼りにしていた上司もいません。

慎重に考えていくと、頭が痛くなる問題ですよね。

仕事が見つからなければ、実家で親に迷惑を掛けっぱなしになるという不安は拭いきれません。

②逃げみたいに思えていつか後悔するかもしれない

もし地元に帰りたい理由が「逃げの気持ち」から来ている場合、将来後悔する恐れがあります。

「仕事も最近うまくいかないし、都会にいる意味もない。地元に帰れば、みんな優しく迎えてくれる…。もう辛いし、帰ろうかな…?」

あまりうまくいっていない時に、優しくされるとつい甘えたくなりますよね。

一方で都会での生活、本当に諦めていいのか、後悔しないのか?と自問自答することもあるでしょう。後悔しないためにも都会の生活から離れたい理由を考え直す必要がありますね。

③新しく人間関係を構築する必要がある

一朝一夕で関係は作れるものではありません。地元に帰れば、初めの頃は頼れる人を見つけるのも一苦労。

都会なら、職場の同僚に限らず趣味の合う友達がいて安心。

しかし地元に帰ると、今まで積み上げてきた友人関係などの人間関係は全てリセット!

新たに気の合う人を見つけなければなりません。恋人も探す必要がありますし、大変に感じますよね。

お世話になった人や大切な友人との別れ。新たに人との繋がりを作るハードル。別れと出会いが地元に帰るデメリットというわけです。

まとめ

地元に帰るメリット、デメリットは以下のようなものがありました。

地元に帰るメリット

  • 過ごしやすい生活を送れるようになる
  • お金が貯まる
  • 地元の人と再会できる
  • 親を安心させられる

地元に帰るデメリット

  • 新しく仕事を探さなければならない
  • 逃げみたいに思えていつか後悔する
  • 人間関係を再構築する必要がある

私の意見としては、上記のメリットとデメリット踏まえても、地元に帰るべきだと思っています。

以下の記事で30代の独身女性は地元に帰るべきだと思う理由を述べています。こちらも是非参考にしてみてくださいね。

(新しいタブで開く)

 

コメント