農家 結婚 後悔

農家と結婚したら100%後悔する?よくある4つの後悔と解決法

「農家さんと結婚したら後悔したって聞いた。何だか不安になってきた…」
「農家さんってそんなに結婚相手として魅力ないのかな?」

農家さんとの結婚にはまだまだ否定的な意見もあります。そのため、不安に陥ることも少なくないでしょう。

この記事では農家と結婚して後悔したこと、そして後悔しないためにはどうすればいいかを紹介していきます。

農家の人と結婚する予定の人、農家と結婚したいけど何だか不安に感じるという人には参考になる内容です。

読み終える頃には、安心して農家と結婚できると思いますので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

農家と結婚して後悔したこと

農家と結婚し後悔している女性

憧れの農家と結婚、しかし…

さて、一体どんな後悔があったのでしょう?

その1 農業を甘く見て後悔

①性格的に農業が合わない

農業に限りませんが、どんな仕事もいざやってみると合わない可能性はあります。

後悔する人は、自分が農業を続けていけるかという見通しが少し甘かったのかもしれません。

自分が性格的に農業に向いているかどうか知ってミスマッチを防ぎましょう。

②体力的に大変

農業は、どうしても力仕事が必要になります。

機械を導入したり、IT化を進めても人手が必要になるケースがどうしても出てきてしまいます。

都会暮らしであまり身体を動かしてない人にとっては、少々ハードに感じてしまうものです。

その2 楽観的に田舎での生活を捉えての後悔

①閉鎖的でプライバシーがない

田舎の人は人当たりもよく、温かい人が多いです。その反面、人によっては距離が近すぎると感じる人もいるようです

噂話や自分の情報が広まりやすいなど、慣れるまでは立ち回りが少々大変です。

②不便に感じる

田舎ということもあって、

  • 交通
  • 買い物

などに不満を感じることはあるでしょう。

少し遠出をするのにも、バスが来なくて2時間待ったという話もよく耳にしますよね。買い物でも、大型スーパーのように欲しいものがまとまって売られている場所がありません。

車やAmazonなどのネットサービスの活用は必須項目です。

その3 結婚生活を夢見て後悔

①旦那との相性が良くなかった

農家に限らず、単純に結婚相手の相性が合わなくて後悔する人もいます。

性格や価値観は、結婚する上でも大事だとされる項目。結婚後も、重要視されるのでしょう。

結婚して一緒に過ごすようになって初めて、良くない点や合わない部分が見つかるものです。後悔するのも無理はありません。

②嫁姑問題に苦労した

農家に限らず、嫁姑問題はあります。ですが家族経営の場合は、相手方の親との同居もあり得ます。
自分のペースで子育てや生活をしていきたいという人には息苦しく感じるかもしれません。

また、旦那さんが自分の味方になってくれなかったというケースもあります。

結婚して親戚になったとはいえ、あくまで他人の家。孤立状態になるのは避けたいところです。

その4 お金で苦労して後悔

農家さんによりますが、お金の面で苦労することも。

農家さんは平均的に見れば比較的高収入ですが、あくまで個人経営。人によってはうまく行かない農家も当然います。

農家と結婚しても後悔しないためには

農家との結婚を後悔しなくなった夫婦

農家と結婚したいという人にとっては少々不安になるような話だったと思います。

とはいえ農家との結婚という思いを捨てる必要はありません。

ここからは、農家と結婚するに際し後悔しない方法を提示していきます。

これらの方法を実践していただければ、結婚後に悩むことはなくなりますよ

ステップ1 いろんな農家を知る

まずは、色んな農家を知ることから始めていきましょう。

基本的に農家と結婚して後悔したという人は、事前に情報を得ることができていれば、恐らくかなりの問題が解決できたはずです。

「田舎暮らし」一つとってもそうです。都会で農家を営んでいる人もいるということを知っていれば、田舎の農家ではなく、都会の農家と結婚する選択肢を選べたかもしれません。

農家としての生活、農家との生活。在り方は様々です。
まずあなたのやるべきことは色んな農家を知ること。

選択肢や比較対象を増やすことで、自分がいま進んでいる道が正しいのか判断できるようになるからです。

多くの農家と知り合うなら「あぐりマッチ」がおススメ。農業に特化したマッチングアプリだからこそ得られる情報がたくさんあると思いますよ。

前もって知っていれば…という後悔に陥る前に、農家さんについてもっと詳しくなりましょう。参考記事や、あぐりマッチを通して情報を集めていただければきっと満足のいく結果が得られるはずです。

ステップ2 農作業を体験する

次に、本格的な農作業を前もって体験しておきましょう。

事前に経験することで、結婚後の農作業をイメージ出来ます。

実体験ベースで、自分が農業に向いているのか、適正があるのかどうかをしっかり判断でき、正しい選択を取れるようになります。

仮に、自分は農作業が向いてないと感じてしまっても問題ありません。

農作業以外でも活躍の場は数多くあります。経理や、営業、SNSを使っての広報(PR)、経営管理など関わり方は多種多様。

農業が好きという気持ちがあれば、何らかの形で向き合っていくことはできます。

農作業を体験するにあたって、未経験でも全く問題ありません。誰だって最初は初心者。まずは気軽に体験できるところから、少しずつ農業について詳しくなっていきましょう!

ステップ3 まずは同棲から

ステップ1とステップ2で自分に合う農家さんを見つけたとなれば、結婚を急ぎたくなると思います。

ですが、好きな人との気持ちが高まっても、あくまで冷静に。
いきなり結婚するのではなくて、一旦同棲して、もう一度しっかり考えましょう。

結婚前にお互いの価値観をすり合わせるなどやるべきことはたくさんあります。

同じ家で共に生活をしていく中で、きっとお互いのこと、そして結婚後の生活をより深く考えられるようになるはず。

その分、説得力にも深みが出て、親に結婚を反対される確率も減るのではないでしょうか?

もどかしいかもしれませんが、重要なステップです。人生の節目になることだからこそ、冷静に、しっかり考えましょう。必ず自分に後悔しない結論が出せるようになっているはずですよ。

まとめ

農家と結婚して後悔する項目、まとめると以下の4つでした。

  • 農業が合わない
  • 田舎での生活が合わない
  • 結婚生活が辛い
  • お金で苦労した

そして、後悔しないための方法は以下の3つでした。

  • 農作業を体験する
  • いろんな農家を知る
  • 結婚の前に同棲する

皆さんが、満足する結婚が出来ることを願っています。