農家はどんな家に住んでる?現役農家の住宅事情を大特集!

農家の家 農家さんの魅力

農家さんの家って想像できますか?

農家さんと付き合うとなると、将来自分がどのような家で生活するのか知りたいですよね。

田舎なのかな? 一軒家かな? むちゃくちゃ大きいのかな?
など漠然としたイメージしか湧かない人がほとんどです。

そこで、この記事では現役農家の情報をもとに、具体的な農家の住宅事情・家の特徴を紹介していきます。

賃貸暮らしの割合・家の広さ・農家の家ならではの特徴など女性が気になる情報がわかります。
ますます農家さんとの生活もワクワクするものに変わること間違いありません!!

ぜひ最後まで読んでくださいね。

農家の家は3種類に分類できる

農家の家の種類

農家の住宅事情ということで、農家の家は大きく3種類に分類できます。

  1. 実家
  2. 新築
  3. 賃貸

上記3種類についてそれぞれみていきましょう!

数字で見る農家の住宅事情!

農林水産省の資料「農家住宅に係るニーズ調査の結果概要」を参考に、農家の住宅事情を簡単に表にしてみました(一部省略)。

  実家に居住 賃貸住宅 空き家等の購入 新築住宅
全体 45% 34% 10% 7%
親元就農 76%
新規就農者 33% 42%

親元就農者は実家、新規就農者は賃貸住宅や実家に居住する傾向があります。

また、年齢が上がるにつれ実家を離れ、賃貸や新築などに居住することがわかっています。

例えば、20代以下の農家は実家暮らしが半数以上で、賃貸や新築などの家で暮らしている農家の割合は合計でも40%以下となっています。しかし、30代から40代では全体の約10%強が新築を購入し、全体の約40%が賃貸住宅で生活をしているという結果が出ています。

さらに、農家が新築の家を建てる場合に重視している項目も公開されています。
家を建てる際、農家が特に重視している項目トップ5をチェックしてみましょう!

  1. 住宅の広さや間取り
  2. 住宅の性能
  3. 立地の安全性
  4. 立地の利便性
  5. 立地の快適性

広いのは勿論、住みやすさだったり、安全性や利便性にも農家はちゃんと気を配っていることがわかります。

便利で広くて住みやすい家って、最高ですよね!まさに理想のマイホームです。

農家の実家や新築の家はどのくらい大きい?

結論から言うと、農家の家は大きいです。なんと100坪以上の家を持つ農家も多いです!

具体的にどのくらい大きいかは下の記事で紹介していますよ。

賃貸で暮らす農家はどんな生活をしている?

家を借りて生活をしている農家は、主に都市部で暮らしています。普通のマンションに住んで、近くの畑に通って農業をしています。

その他、週末に兼業として農業に取り組んでいる農家もいます。

以下の記事では、都市部の農家さんの実態について知ることができますよ。

農家の家は普通と違う!農家ならではの特徴3つ

農家の家の特徴

農家の家、実は普通の家と造りが異なっています。
普通の家にはない「農家ならでは」の特徴があるんですよね。

気になる方はこちらも参考にどうぞ!

農家と恋愛をしよう!

農家の家について、リアルな住宅情報をお届けしました。農家がどんな家に住んでいるかイメージがはっきりしたのではないでしょうか。

「農家の家に住んでみたい!見てみたい!」というのであれば、実際に農家さんと出会ってしまうのが手っ取り早いです。

農家と出会えるマッチングアプリ「あぐりマッチ」なら、自分と相性バッチリの農家が必ず見つかります。あなたも素敵な農家と楽しい生活を送ってみませんか?

 

農家さんと出逢えるマッチングアプリ
あぐりマッチをダウンロード

コメント