農家特有の家の特徴

農家の家には特有の特徴があった!普通の家とは違う3つの特徴とは

農家に興味がある、農家と付き合いたいなと思ったら、ついつい以下のことが気になりますよね?

「農家ってどんな生活をしているのだろうか」
「どんな性格の人が多いのだろう」

ですが、そのほかにもまだまだ農家には、一般の人が知らないような特徴があるんですよ!気になりますよね?

例えば、農家特有の特徴の一つ「農家の家」はどうでしょう?
意外かもしれませんが、農家の家って意外にも独特な特徴があるんですよ。

そこで、この記事では、普通の家と農家の家を比較し、異なる特徴と共通している特徴を合わせて5つ紹介していこうと思います。

特に農家と付き合いたいと考えている女性は将来のためにも知っておきたいことばかり。ぜひ最後まで読んで参考にしてください。

農家の家ならではの3つの特徴とは

普通の家とは違う農家の家の特徴

農家の家には普通の家と違う3つの特徴があります。

  1. 間取りが昔風
  2. 裏玄関がある
  3. 水回りの動線が整っている

それぞれ見ていきましょう。

特徴①間取りが昔風

農家の家は、部屋が「田の字」に位置する平屋であるという特徴があります。

先祖代々農業を営んできた農家が多く、農家全体で見ると、間取りが古い家が多いです。家族3世帯で暮らす家が昔は多く、祖父母のために2階建てを避けて平屋にしている傾向にありました。

また、雪国では薪で暖をとる家もあり家に煙突がある家もありますよ。エアコンを使わない生活も味がありますね。

とはいえ、昔風と聞くとマイナスイメージを持つかもしれません。ですが、縁側など昔ならではの風情がある家もありますし、改築工事をしている農家もいるので否定的に見る必要はありません。

特に近年は、リフォームが容易になっているので、工事した家は新築ばりに綺麗でおしゃれになっているかもしれませんね。農水省の農家住宅に関する資料を見るとさらに、イメージがしやすくなるでしょう。

特徴②裏玄関がある

農家の家には必ずと言っていいほど裏玄関があります。

土作業をする農家は玄関を汚さないよう、必ず裏玄関、勝手口から家に入ります。玄関が汚れると、来客に迷惑がかかるためですね。

泥や土で汚れないように別の出口が備わっているのが農家の家の特徴です。

特徴③水回りの動線が整っている

特徴②と被りますが、農家の家は、家が汚れないよう水回りの動線が整っています。

  • 手洗い場
  • トイレ
  • 脱衣所
  • お風呂

これら全てが、裏玄関の近くに配置されています。

農家の家と普通の家に共通する意外な特徴とは

農家の家と普通の家の共通点

農家の家と普通の家の違いを紹介しましたが、特殊なことばかりな農家の家ではありません。

今度は逆に、普通の家と共通する特徴は何でしょう?

特徴①家の中の綺麗さは住んでいる人に依存する

これは声を大にして言う必要があります。「農家の家は汚い」は全くのウソです!

農家の家だからと言って必ずしも汚いとは限りません。むしろちゃんと掃除して小綺麗にしている家庭ばかりです。

農作業の土や汚れは、外で落します。落としきれず残った汚れは、家の中に持ち込まないよう裏玄関から入り、風呂場や脱衣所で落とします。

家の中を綺麗にする、出入りするときは汚れを落とすという習慣があるかどうかになるので、一概に農家だからと言って家の中が汚くなるわけではありません。

普通の家と同じように、綺麗にしていれば汚くはならないので安心してください。

特徴②便利な生活を送ることができる

農家の家の間取りは昔風とか薪で暖をとっていると聞くと、「農家は不便なんだな」と誤解する人も出てきますが、全く違います。

普通の家と同じく、農家の家でも便利な生活を送ることができます。農家だからと言って「家の設備が整っていなくて不便」ということはありません。

リフォームに加え、新築の家を建てている農家も当たり前にいます。意外に感じるかもしれませんが、オール電化の家もあるんですよ。

 

このように農家も普通の家と同様、便利な生活を送ることができるんですよ。

まとめ

普通の家と農家の家について異なる特徴と共通する特徴について紹介してきました。簡単に振り返りましょう。

普通の家とは異なる特徴

  1. 間取りが昔風
  2. 裏玄関がある
  3. 水回りの動線が整っている

普通の家と共通している特徴

  1. 家の中の綺麗さは住んでいる人に依存する
  2. 便利な生活を送ることができる

農家の住宅情報についてのまとめはコチラ。

農家のことをもっと詳しく知りたい方は農家に直接聞いてみませんか?
あぐりマッチなら農家と出会えます!!