【1から解説】移住におすすめの県は?選ぶ基準から県の魅力まで紹介

移住先を決める基準が分からないなあ。
どの県が移住先として最適なのかも分からない…

他県への移住を検討している人の中で、このような悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか。

この記事では、移住先を選択するための判断基準から、おすすめの移住先まで、詳しく解説します!

この記事を読むことで、最適な移住先を選択できるようになるため、移住について悩んでいる人は、ぜひ最後までお読みください。

移住先を選ぶ基準

移住先を選ぶ基準は、主に以下の3つです。

・ほどよい田舎
・移住者の多さ
・災害の多さ

移住先を選択する前に、まずは判断基準について知ることが重要です!
それぞれの基準について、詳しく解説します。

ほどよい田舎

移住先を選択する際は、ほどよい田舎がおすすめです! 

ほどよい田舎とは、具体的に以下のような場所を指します。

・大きな病院が近くにある
・人口が約5〜10万人の地域
・車を利用すれば職場まで1時間で行ける
・近隣に栄えている街がある
・山奥などの孤立した場所ではない

田舎で最も多い問題が「移動のストレス」。ほどよい田舎を選択することで、職場や病院などへ移動するストレスを軽減できますよ

また、近隣に栄えている街が存在すれば、ふとしたお出かけや重要な買い物にも便利であるため、移住先の判断基準として覚えておきましょう!

移住者の多さ

 

移住者の多さも移住先の判断基準として重要です! 移住者が多い地域を選択することで、以下のようなメリットを獲得できます。

・移住で抱えやすい悩みを相談できる環境がある
・移住を受け入れる体制が整っている
・移住先で横のつながりを広げられる

移住で抱えやすい悩みとして「人とのつながり」が挙げられますが、移住者が多い場所を選択することで、先に移住した人や同じ悩みを抱えている人とつながりを作れます!

移住者が多い地域は、移住者を受け入れる体制も整っているため、支援政策が厚く、子育てがしやすいことが特徴です。

災害の多さ

日本は、他国と比べても災害が多いため「災害大国」といわれています。移住先を検討するときは、地域の災害の多さについてもしっかりと意識しましょう!

近年では、地震や台風が頻繁に発生し、私たちの生活に多大な影響を与えています。

人や環境の問題であれば、対策を練ることで対処できますが、自然が相手になると、具体的な対処が難しくなります。

移住先での生活を心置きなく楽しむためにも、災害の多さにも気を配り、何かがあったときに向けて準備をしておきましょう!

移住先におすすめの県6選

国内を代表する移住相談窓口センターである「ふるさと回帰支援センター」は、移住検討者の動向をランキング形式で発表しています。

本記事では「ふるさと回帰支援センター」が2021年3月に発表したランキングの上位県を元に、移住におすすめの県を紹介します!

1.静岡県
2.山梨県
3.長野県
4.和歌山県
5.広島県
6.佐賀県

それぞれの県について詳しく解説します!

1.静岡県

静岡県は温暖な気候で夏も過ごしやすいため、生活しやすいことが特徴です!

また、富士山や駿河湾などの観光地も多いため、アウトドアを楽しみたい人にもおすすめだといえます。

三島市から東京まで35分程度で行けるため、通勤などの移動にも困りません。

移住相談をオンラインで行っているため、家にいながら移住の話が詳しくできることも支持される要因の1つです!

2.山梨県

 

山梨県では、南アルプスや西沢渓谷などの美しい景観に囲まれながら生活できるため「東京のビル群や人の多さが辛い」と感じている人にとって最適な場所です!

甲府から東京まで特急で90分で行けるため、家を探す際にも便利です。

県内全域での病児病後児保育の広域利用を全国で初めて開始しており、育児と仕事を両立したい人にもおすすめだといえます!

3.長野県

 

長野県は2018年から移住者が2,000人を超えており、移住者が多い県として知られています。そのため、横のつながりを広げやすく、移住に関する悩みを解決しやすいことがメリットです!

また、県内に雄大な自然が多く存在するため、スキーや登山などのアクティビティを楽しめます。

自治体の支援も厚く、IT事業者には半年まで住居とオフィスが提供される「おためしナガノ」などの施策も移住先として選ばれる要因の1つです!

4.和歌山県

 

和歌山県は本州の最南端に位置しているため、暖かい気候が特徴です!

大阪などの関西中心エリアにもアクセスがしやすいため、仕事や買い物にも最適な立地だといえます。また、休日を利用して、熊野古道などの世界遺産めぐりもおすすめです。

和歌山県では、全ての市町村区に対して「ワンストップパーソン」という移住担当者が配置されているため、移住の相談をしやすい環境が整っています!

5.広島県

 

広島県は中国山地・瀬戸内海と大都市広島が近いため、アウトドアを楽しみたい人にもおすすめです。
離島も多く存在するため、海や山に近い場所など、ライフスタイルに合わせて移住先を検討できます

中国地方の中枢都市として栄えているため、大企業で大きな仕事にチャレンジしたい人も、自分に合った仕事を見つけられます!

広島県では、20歳以上で東京圏に住んでおり、広島県への移住を検討している人を対象に、移住の事前調査で広島を訪れるための片道交通費を配布しています。

6.佐賀県

 

佐賀県は、九州最大の都市である福岡に隣接しているため、田舎で生活しながら都会で働くことを実現できる場所です。

多種多様な温泉や食を備えていることも魅了だといえます。

また、子育てに関する支援体制や移住支援の制度も整っているため、安心して移住を検討できます!

オンライン相談やLINEでの情報発信も行っているため、気になる人は気軽に相談してみましょう。

自分に合った移住先を選択しよう

移住は、人生において重要なイベントの1つです。そのため、移住先についてしっかりと調べ、どんな環境なのか理解しておくことが大切。

まずは“ほどよい田舎”で、ストレスなく生活できる環境が移住先としておすすめです!

自分に合った移住先を見つけ、これからの人生をより豊かなものにしていきましょう。

 

わたしにぴったりの地方暮らし、どんなタイプだろう?という方にオススメ✨

 

農ある暮らしに憧れる♡という方にオススメ✨

他県への移住後はあぐりマッチがおすすめ

あぐりマッチは、自然や田舎が好きな人と出会える恋活・婚活アプリです。

田舎暮らしや家庭菜園に興味のある人が利用しているため、自分の価値観に合った人とマッチングできます!

他県へ移住して「自然が好きな人と出会いたい」と考えている人におすすめです。また、実名や連絡先の表示がされないため、セキュリティ面でも安全なサービスです。

移住先での出会いが欲しい人は、1度利用してみましょう!

 

自然・農が好きな人の出会いの場
恋活・婚活マッチングアプリ

あぐりマッチ ダウンロード