おすすめの農家カフェ・農園カフェ
@uraaa12

2022年秘密にしたい農園カフェ10選【スイーツの花咲く♡】

ここ数年で日本各地の農家さんがオープンしている農家カフェ/農園カフェ

農園で収穫したとれたて果物を使ったスイーツは、みずみずしさと濃厚な甘さがたまりません♩

また舌だけでなく目でも楽しめるのが農家カフェ/農園カフェ。農家さんがプロデュースするお店やパフェなんかはどれもオシャレなんです♪

そこで今回は、日本各地の農家ならではのスイーツを楽しめる農家カフェ/農園カフェを厳選してご紹介します。

この記事を読むメリットとは?
・オシャレで素材の味を楽しめるスイーツを知れる!
・自然や動物と触れ合える農カフェを知れる!
・行って誰かに自慢できるような農園を知れる!
 

日々の喧騒を忘れ、オシャレな空間に囲まれて心を癒したい方は必見です。

それでは、ひとつずつ見ていきましょう♩

①TSUMUGI舎

@mika.mk.___

@chokuchan10

@__.ayk.98

@chokuchan10

三重県の小さないちご農家が営む農家カフェ「TSUMUGI舎」。
季節のロールケーキは、米粉でできた生地とクリームの優しい甘さ、苺の酸味が絶妙です。ジブリアニメに現れそうな空間で、癒されてみてはいかがでしょう?
店名TSUMUGI舎
価格帯1,000〜1,900円
住所三重県亀山市能褒野町43-3
リンク公式Instagram

②藤桃庵(とうとうあん)

@megumi_sogawa

@goushi121

@uraaa12

@megumi_sogawa

美味しいものと美しい自然が集まる和歌山でオープンした「藤桃庵 」。
桃農家自慢の桃や、苺を使用したパフェは驚きのルックスです。
本格ジェラートも美味しいので、味もさまざま。気になる方はInstagramを要チェック♩
店名藤桃庵 
価格帯1,000〜1,999円
住所和歌山県紀の川市桃山町元901
リンク公式Instagram

③nogi農園

@shima__map

@_ameco.cafe

@_ameco.cafe

 

静岡県静岡市にあるnogi農園が営む農園カフェ。ぷっくりツヤツヤのトマトが有名なのですが、そのほかのスイーツも美味しいと評判。素材を活かした料理やスイーツが特徴で、なんだか懐かしい気分になる店内も魅力。トマトスイーツが気になる方は、ぜひ訪れてみてください。

トマト×スイーツとは、一体どんな味なのでしょう?

店名nogi農園
価格帯1,000〜1,900円
住所 静岡県静岡市清水区三保3121−7
リンク公式Instagram

④cafe mamenoki

gohan_to_oyatsu.__

@___schaaan

@sweets_mii_0428

@sweets_mii_0428

山形県米沢市にある農カフェ「cafe mamenoki」。
オーナーご自身で農業を始められていて、「山形を元気にする」をコンセプトにお店を経営されています。くまさんがとても可愛く、子どもから大人までほっこりする農園カフェです♩
店名cafe mamenoki(カフェ マメノキ)
価格帯1,000〜1,900円
住所山形県米沢市福田町2-3-171 メゾンドポワソン 1F
リンク公式Instagram

まだまだ続きますよ!

⑤トネリコ

@yukap279

@yukap279

@yukap279

@billie1018_

@yukap279

お米の産地新潟県にある、農園のカフェ厨房「トネリコ」。
新潟県の旬の野菜や米粉の手作りスイーツ、さらに和菓子のファンも多いんです。
店内で販売されるアクセサリーも素敵なんですよ♩

トリネコはモクセイ科の落葉高木。

収穫した稲を束ねて、干すために利用されていたんです♩

店名農園のカフェ厨房 TONERIKO
価格帯 1,000〜1,900円
住所新潟県 新潟市西蒲区下山1320-1
リンク公式Instagram

⑥Nora cafe

@muuuuuuuu1010

@yumi_0130

@muuuuuuuu1010

@muuuuuuuu1010

@yumi_0130

@sugerbunny__

福井県のいちご農園が営む「アグリツーリズモNora」。
収穫したいちごがゴロゴロ入った贅沢なパフェは、夢中になる美味しさ。
気軽に田舎暮らしを体験できる施設でもあるので、旅行にピッタリですよ♩
店名アグリツーリズモNora(ノラ)
価格帯1,000〜1,900円
住所福井県坂井市三国町池上103-3
リンク公式Instagram

⑦セイボリー

@mieat.nr

@akane.h.0430

@maki8545

@chika2745

“目で見て楽しめる”とはまさにこのこと。
食にまつわる事業を展開する八百一グループがプロデュースした「SAVORY(セイボリー)」。京北農場で栽培された八百一オリジナルの「ECOいちご」を使ったスイーツが楽しめます。洗練された空間で楽しむスイーツは、逸品です♩
店名レストラン セイボリー
価格帯1,000〜1,900円
住所京都府京都市中京区三文字町220
リンク公式HP

⑧mitocafe(ミトカフェ)

@kaede___cafegram

@kaede___cafegram

@____pon.625

@kaede___cafegram

岐阜県の体験農園みとかで楽しめる「mitocafe(ミトカフェ)」。
みとかで収穫されて間もない果物を店内で味わえる場所です。
いちごやサツマイモを活かしたメニューがずらり。食育を学ぶ場としても最適です♩
店名mitocafe(ミトカフェ)&Market
価格帯1,000〜1,900円
住所岐阜県山県市小倉726-1
リンク公式Instagram

⑨You農園

@___harapeko.s

@kiroku_gram

@a2ya2no3

@___harapeko.

@nakajimaya47

@kiroku_gram

三重県のYOU農園では、季節の新鮮な果物を使ったスイーツが大人気。
フルーツサンド、焼き芋、クレープ、タルトなど種類が豊富なのも魅力♩サイズも大きい!
夏に発売される果物のかき氷を求めて、駐車場はいっぱいになるほどです。
 
店名YOU農園
価格帯1,000〜1,900円
住所三重県鈴鹿市肥田町282番地
リンク公式Instagram

⑩小座間農園fruittrees

@m.ono.z

@m.ono.z

@m.ono.z

@m.ono.z

@m.ono.z

山形県天童市の小座間農園が手掛ける「小座間農園fruittrees」。
農園で収穫された果物を使い、素材の味をそのまま残せるよう工夫されたスイーツが楽しめます。春は佐藤錦やラ・フランスを使ったスイーツが登場するかもしれません♩
店名小座間農園fruittrees
価格帯1,000〜1,900円
住所山形県天童市乱川1,278
リンク公式Facebook

まとめ

いかがだったでしょうか?

日本各地の魅力的な農家カフェを紹介してきましたが、どれもオシャレで美味しそうですよね♩

●カフェ一覧
・TSUMUGI舎
・藤桃庵
・nogi農園
・cafe mamenoki
・トネリコ
・Nora cafe
・セイボリー
・みとか
・You農園
・小座間農園

気に入った農園カフェがあれば旅行の際に訪れてみるのはいかがでしょうか?
農家さんの想いも感じられて、きっと心もお腹も満たされますよ♩