【サニーレタスの保存】冷蔵・冷凍で長持ちさせる方法|つまようじや水を使った保存方法も解説

サニーレタスを冷蔵・冷凍で長持ちさせる方法|つまようじや水を使った保存方法も解説

サラダや付け合せで料理を彩るサニーレタス。

しかし、

使いきれなかったサニーレタスって、冷蔵してもすぐにしなしなに…

日持ちさせる方法ってないのかな?

と悩みませんか?

サニーレタスの保存期限は短くすぐに傷みます。しかし、上手に保存すると1ヵ月ほど長持ちさせることが可能です。

今回の記事では、サニーレタスを長持ちさせる方法を下記4つに分けて解説します。

本記事を読むとわかること
1. サニーレタスを長持ちさせるポイント
2. サニーレタスを冷蔵保存する方法
3. サニーレタスを冷凍保存する方法
4. サニーレタスの最適な保存方法は?

「いつでもシャキッとみずみずしいサニーレタスを楽しみたい」「サニーレタスを日持ちさせたい」という方は、ぜひ本記事を参考にしてくださいね。

サニーレタスを長持ちさせるポイント

サニーレタスを長持ちさせるポイント

まずはサニーレタスを長持ちさせるポイントをおさえておきましょう♩

サニーレタスを長持ちさせるポイントを

  1. 新鮮なサニーレタスを選ぶ
  2. サニーレタスは常温保存に適さない
  3. 包丁では切らない

の3つの項目に分けて解説しますね。

※記事の最後には、サニーレタスの最適な保存方法をまとめています。
途中で忘れてしまっても安心してくださいね。

1.新鮮なサニーレタスを選ぶ

サニーレタスを長持ちさせたいなら、なによりも新鮮なものを選ぶことが重要になります。

新鮮なサニーレタスの選ぶポイントは、下記の3つです。

サニーレタスの選び方
①葉っぱの色合いがはっきりとしている
②葉先までパリッとみずみずしい
③持ち上げた時に軽く感じ、葉がふわっとしているもの

軽いサニーレタスを選ぶのが意外かもしれませんね。重いサニーレタスは傷み始めている場合があるからです。

2.サニーレタスは常温保存に適さない

サニーレタスは常温保存に適しておらず、常温保存するとすぐにしなしなになります。サニーレタスは冷蔵方法で保存しましょう。

3.包丁では切らない

サニーレタスは、包丁などの金属に触れると酸化しやすくなり傷みやすいです。

そのため、サニーレタスは手でちぎって保存しましょう。

サニーレタスを冷蔵保存する方法

サニーレタスを冷蔵保存する方法

いよいよここからは、サニーレタスの具体的な保存方法になります。

ここでは、サニーレタスを冷蔵庫で日持ちさせる方法を解説します。

  1. 保存期限1週間|サニーレタスを丸ごと冷蔵する方法
  2. 保存期限2週間|つまようじを使ったサニーレタスの冷蔵方法
  3. 保存期限1ヵ月|水を使ったサニーレタスの冷蔵方法
  4. 保存期限3日|ちぎってサニーレタスを冷蔵する方法

賢い冷蔵方法を学んで、サニーレタスのロスをなくしましょう。

1. 保存期限1週間|サニーレタスを丸ごと冷蔵する方法

まずはサニーレタスを丸ごと冷蔵する方法です。

サニーレタスの丸ごと冷蔵方法
①サニーレタスをしっかり洗う
②湿らせたキッチンペーパーでサニーレタスの根元を包む
③保存袋に入れて野菜室で立てて冷蔵する

ポイントとしては、キッチンペーパーを毎日交換しましょう。

以上の方法で冷蔵すれば、1週間は保存可能です。

2. 保存期限2週間|つまようじを使ったサニーレタスの冷蔵方法

サニーレタスの茎には、野菜を成長させる成長点があります。

つまようじをサニーレタスの茎に刺すことによって、成長点が停止して鮮度を保つことが可能です。

具体的な手順は下記の通りです。

つまようじを使ったサニーレタスの冷蔵方法
①サニーレタスをしっかり洗う
②サニーレタスの茎につまようじを3本ほど差し込む
③湿らせたキッチンペーパーで茎の付近を包む
④保存袋に入れ立てて野菜室へ

傷みかけている所をきちんと取り除くことが大切です。

この方法では、2週間ほど保存できますよ。

可愛い顔で鮮度を保つベジシャキちゃん 

茎につまようじが刺しにくいし、もったいない

と思ったことはありませんか。

そんな悩みを解決する商品があります。ベジシャキちゃんを使えば、一気に3点刺すことができ繰り返し使えるため経済的ですよ。

「半信半疑で購入しましたが、本当に凄い。買って一ヶ月近く経ったキャベツもシャキッとしてます。もちろんラップはしていますが、ベジシャキくんアリとナシでは全然違います。二人暮らしですぐに消費できないのでありがたいです。」(出典:アマゾン 口コミ

3. 保存期限1ヵ月|水を使ったサニーレタスの冷蔵方法

続いては、サニーレタスを水に付けて冷蔵する方法です。

手順は下記の通りです。

水を使ったサニーレタスの冷蔵方法
①サニーレタスをしっかり洗う
②丸形の容器などに水を入れる
③茎がしっかり浸かるように入れる
④上からビニール袋を被せ野菜室へ

ポイントとしては、3日に一度くらい水を入れ替えることです。また、傷んでいる箇所はしっかりと取り除きましょう。

この方法では、約1ヵ月は保存できますよ。

4. 保存期限3日|ちぎってサニーレタスを冷蔵する方法

最後にサニーレタスをちぎって冷蔵する方法です。

手順は下記の通りになります。

ちぎってサニーレタスを冷蔵する方法
①茎を切り落とし、サニーレタスを洗う
②大きなボウルに水を入れる
③サニーレタスを好みの大きさにちぎってボウルの中に入れる
④5分程水につけてシャキっとしたら、ザルにあげ水気をしっかり切る
⑤保存容器にキッチンペーパーを敷く
⑥サニーレタスを入れ、蓋をして野菜室へ

この方法では、3日ほどの保存が可能です。

サニーレタスは切ると傷みが早いので、できるだけ早めに食べましょう。

サニーレタスを冷凍保存する方法

サニーレタスを冷凍保存する方法

本記事最後の内容は、サニーレタスの冷凍保存です。

切ったサニーレタスが食べ切れないわ
だけど長期間保存したいなぁ

こんな経験ありますよね。こういうときは傷む前に冷凍しましょう。

下記ではサニーレタスの冷凍方法を、

  1. 保存期限1ヵ月|サニーレタスを冷凍する方法
  2. 冷凍サニーレタスの解凍方法

2つに分けて解説しますね。

1. 保存期限1ヵ月|サニーレタスを冷凍する方法

サニーレタスの冷凍方法は下記の通りです。

サニーレタスを冷凍保存する方法
①サニーレタスをしっかり洗う
②ボウルに水を入れる
③サニーレタスをちぎってボウルに入れる
④5分ほど水にさらし、ザルに挙げしっかり水を切る
⑤保存袋に入れて冷凍庫へ

ポイントはしっかりと水を切ることと、傷みかけている部分を取り除くことです。

サニーレタスを冷凍すると1ヵ月は保存できますよ。これは長いですよね♩

可愛い柄が魅力的なジップロック  

冷凍する場合はきちんと密閉しなければなりません。

そのため、ジッパー付きの保存袋が便利ですよ。かわいい柄が入ったイケアのジップロックできちんと密閉しましょう。

「IKEAで買ったけど またそれだけ買いに行くのはと思い色々なサイズが便利で買いましたがフリーザーもいけるのでホンマに良かったです」(出典:アマゾン 口コミ

2. 冷凍サニーレタスの解凍と使い方

冷凍サニーレタスを解凍すると、シャキっとした食感はなくなるためサラダに向いていません。また、解凍後に調理すると水っぽくなります。

そのため、冷凍サニーレタスは解凍せずにそのままスープや炒めものなどに使うのをおすすめします。

結局、サニーレタスのベストな保存方法って?

結局、サニーレタスのベストな保存方法って?

いかがだったでしょうか?

今回はサニーレタスの保存ポイントや冷蔵・冷凍方法を解説しました!

最後に、サニーレタスを用途別で保存する際のベストな方法をまとめます。

サラダに使うならサニーレタスの茎を水に付けて冷蔵する方法|保存期限1ヵ月
スープ・炒めものに使うならちぎって冷凍する方法|保存期限1ヵ月

用途別にサニーレタスの保存方法をかえて、無駄なく使い切りましょう。