農業男子と婚活したい人へ!農家に向いてる人の特徴はコレ!

自然の中でのびのびしている写真 農家さんとの婚活

皆さんは、農業男子が好きですか?

農業男子と結婚すると、

  • 新鮮でおいしい食べ物が食べられる
  • 自然に囲まれてのびのびと生活できる
  • 旦那が優しくて素敵

といったいいところがありますよね。

ですが、いざ実際に結婚するとなると

私には農家の嫁としてやっていけるか自信がない…

農家に向いてるのかわからない

といった不安も出てきます。

この記事ではどんな人が農家に向いているのか、向いている人の特徴は何かを紹介していきます。自分が農家に向いているかわからず不安な方は参考にしてくださいね。

農家に向いている人の特徴① 自然が好きである

田んぼの写真

農家に向いている人の特徴、一つ目は「自然が好き」ということ。

農業には様々なやり方がありますが、必ず自然と触れ合う機会があります

だからこそ、自然に囲まれ、生きていくことを望む人にとっては

  • 緑に囲まれてると気分がよくなる!
  • きれいで澄んだ空気の中で生活したい!

といった願いが叶う最高の環境となります。

都会のように人ごみに紛れることもないし、排気ガスで汚れた空気を吸うこともなくなるね

また、興味はあるけど「自分は田舎に住んだことないし…」という人でも問題ありません。

意外に感じるかもしれませんが、都会でしか過ごしたことがない人にとっては、自然と触れ合うのがものすごく新鮮に感じられ、思い立って農業に興味を持つ方や田舎に引っ越してしまう人も多いです。

農家に向いている人の特徴② 育てるのが好き&体を動かすのが好きな性格である

大事に作物を触っている写真

農家に向いている人の2つ目の特徴は、「育てるのが好き、体を動かすのが好き」です。

農業の多くは、野菜や花、動物などを育てる仕事です。収穫までに様々なことに気を配る必要があります。

土壌検査、温度管理、病気、害虫害獣対策、水分、農薬、台風などの災害 etc…

様々な困難を乗り越えて、自分が丹精込めたものが実った時の達成感は何とも言葉にしがたいものがあります。

このように、生き物相手ゆえ、思うようにいかないことが多い農業ですが、「育てるのが好き」「成長を見守るのが好き」と思える方、農業に本当に向いています。
 
毎日の作業も決まった内容が多いため、「地道にコツコツ世話するのが好き」という方、さらに農業に向いてます!

また、作業の多くは機械化されいたとしても、デスクワークよりは運動量が多くなります。デスクワークは、体がなまるし、運動になる農作業のほうが自分には合っていると感じられる人も楽しく毎日が過ごせそうです!

体力に自信がある人は一度農業を体験してみるといいと思いますよ!

農家に向いている人の特徴③ 経営や計画を考えるのが好きである

会議の写真

農家に向いている人の3つ目の特徴は、「経営や計画を考えるのが好き」であるということです。

「あれ?農家でなぜ経営や計画が大事なの?」と考える方、多いでしょう。
驚くことなかれ、農業では農作業と同じくらい経営や計画を考えることが重要なんです。

農家として今後もやって生き続けるため、より良くしていくためには、
経営力や企画力(マーケティング力)が必要不可欠。

農作業することだけが農業ではありません。一つの経営組織としての在り方も問われています。

経営の在り方は様々です。一家一事業体として、家族経営を行う農家もあれば、会社として人を雇い組織化している農家もあります。個人で農業をしている方もいますね。

それぞれ、土地を拡大することで効率化を図ったり、機械設備を新たに導入したり、ネットと組み合わせて事業を行うなどの戦略をとっています。

こちら記事でも紹介していますが、

  • 土地の拡大はどこまで行うべきか
  • 機械設備は本当に必要か
  • ブランド力を高めるにはどうしたらいいか

ということを、農家は慎重に考慮する必要があるので経営力や計画力に優れた人が求められているのです。

前職で経営や生産計画などの仕事に関わっていた方は経験を活かし、事業主として新たに事業を展開することができるので、能力を存分に発揮できそうです。

実際に、前職の経験を発揮して成功した方がいます。

脱サラ後に前職の経験を生かして成功を収めた畔柳茂樹さん。彼は事業企画部門に携わっていたことから、農家の生産性に着目し、機械化とブランディングを徹底し、遂には創業から数年で1000万の売り上げを超えたそうです。

会社での経験が生かせるかも!と思ったらぜひ農家になるという道も考えてみて下さいね。

農家に向いている人の特徴④ 努力を惜しまずやりきることができる

農家の写真

農家に向いている人の4つ目の特徴は、「努力を惜しまずやりきるのが好き」です。

先ほども述べましたが、農業は決してやさしい世界ではありません。会社勤めと違ってうるさく言う上司はいませんが、すべてを自分の責任で行う必要があります (農家さんに限らず経営者は全員そうでしょうが)。

「より美味しい農作物を作りたい」、「より多くの人にこの農作物を届けたい」という理念や理想に向かって行動していくことができるパワーがあればあなたにとって農家は天職でしょう。

少々厳しい言い方をしましたが、最初から崇高な理念を持ち、責任感に溢れていなければいけないというわけではありません。少しずつできるようになればいいのです。自分自身の成長は楽しいですよ。

  • 地域の中でうまくやっていくためにも話すのが苦手な人と交流を図ってみる
  • 休みの日に経営の本を読む時間をとる
  • SNSで商品をアピールする

 

皆さんご存知の元メジャーリーガー イチロー選手もこのような名言を残されています。

小さなことを重ねることがとんでもないところに行く ただひとつの道

農業が好きだという気持ちがあれば大丈夫です!
多くのことを経験して、なりたい理想の自分へ近づいていって頂きたいと思います。

まとめ

農家に向いている人の特徴を紹介してきました。
おさらいすると、

  1. 自然が好きである
  2. 育てるのが好き&体を動かすのが好きだという性格である
  3. 経営や計画を考えるのが好きである
  4. 努力を惜しまずやりきることができる

でしたね。

自分は当てはまってないかも、当てはまるかどうかもわからないという方もいますよね。
仮に当てはまっていなくてもすぐにあきらめる必要はありません。
まずは、いろんな農業男子と話をしたり、実際に会ってみたり、農業を体験してみてはいかがでしょうか。

あぐりマッチは、たくさんの農家さんが集まるマッチングアプリ。アプリ内でも農コンという農業者が集まる婚活イベントの情報も告知されていますので、ぜひ活用してみましょう!!

 

農業男子と出逢えるマッチングアプリ「あぐりマッチ」
ダウンロードはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました